イールドファーミングは、保有状態の暗号トークンに利息を提供する人気のDeFiプロダクトで す。

イールドファーミングの主な目的は、取引ペア(BNB/USDTやDAI/ETHなど)の流動性プール に暗号トークンを入金することです。

その代わり、流動性プールが買い手と売り手から徴収する手数料の一部を得ることができます。

この初心者向けガイドでは、DeFiイールドファーミングの仕組みについて、この投資商品でど
のように稼ぐことができるのか、わかりやすい例を交えて解説しています。

目次

DeFi イールドファーミングとは – 概要

DeFiイールドファーミングの主な概要は以下の通りです。

  • イールドファーミングのは、保有状態の暗号トークンに利息をつけることができる DeFiプロダクトです。
  • 分散型取引所の取引ペアの流動性プールにトークンを預ける必要があります。
  • 各トークンを同量ずつ入金する必要があります。例えば、DAI/ETHの流動性を提供す る場合、300ドル相当のETHと300ドル相当のDAIを入金することになります。
  • この流動性プールを使って取引を行う買い手と売り手は手数料を支払うことになりま すが、自分はその手数料を得ることができます。
  • トークンはいつでも流動性プールから引き出すことができます。

最終的には、イールドファーミングは、DeFi取引に関わるすべての関係者にとってWin-Winの 関係となるのです。

分散型取引所は十分なレベルの流動性を確保できる一方、トレーダーは第三者を通さずにトー
クンを売買することができます。さらに、イールドファーミングプールに流動性を提供する側
は、高金利を得ることができます。

DeFi イールドファーミングの仕組みとは?

DeFiイールドファーミングは、ステーキングや暗号利息口座のような他のDeFiプロダクトと比
較して、把握することが少し複雑になる可能性があります。

そこで、DeFiのイールドファーミングの仕組みについて、順を追って説明していきます。

分散型取引ペアの流動性

イールドファーミングの仕組みについて詳しく説明する前に、まずはこのDeFiプロダクトがな
ぜ存在するのかを見ていきましょう。一言で言えば、分散型取引所では、買い手と売り手が第
三者を介さずに暗号トークンを取引することができます。

CoinbaseやBinanceのような中央集権型のプラットフォームとは異なり、分散型取引所には従
来のオーダーブックがありません。その代わり、取引は自動化されたマーケットメーカ
ー(AMM)モードによって促進されます。

これは、トークンを保留している流動性プールに支えられており、取引者はこのプールにアク
セスして特定のトークンを交換することができます。

  • 例えば、ETHをDAIに交換するとします。
  • そのために、分散型取引所を利用します。
  • この取引市場は、DAI/ETHのペアで表されます。
  • 合計で1ETHを交換し、取引時の市場価格から計算すると、3,000DAIが手に入ります。
  • したがって、分散型取引所がこの取引を促進するためには、そのDAI/ETHの流動性プ ールに少なくとも3,000 DAIがある必要があります。
  • そうでなければ、取引を成立させることはできません。

そのため、分散型取引所では、買い手と売り手に機能的な取引サービスを提供するために、常 に流動性の流れが必要なのです。

取引ペアのトークンが同量の場合

デジタル通貨をステーキングプールに入金する場合、個々のトークンを1つだけ転送する必要
があります。例えば、Solanaをステーキングする場合、SOLトークンをそれぞれのプールに入
金する必要があります。

しかし、上で述べたように、DeFiイールドファーミングでは、両方のトークンが取引ペアを形
成する必要があります。さらに、重要なことは、トークンの数ではなく、市場価値で、各トー
クンを同量ずつ入金する必要があるということです。

例えば

  • 例えば、ADA/USDTという取引ペアに対して流動性を提供したいとします。
  • 説明のため、ADAは0.50ドル、USDTは1ドルの価値があるとします。
  • つまり、2,000 ADAをステーキングプールに預ける場合、1,000 USDTを送金する必要があります。
  • そうすると、1,000ドル相当のADAと1,000ドル相当のUSDTを預けることになり、イールドファーミング投資の総額は2,000ドルとなります。

理由は、分散型取引で機能的な取引サービスを提供するためには、取引所は現実的に可能な限り、各トークンを同量ずつ保有する必要があるからです。

つまり、ADAをUSDTに交換しようとするトレーダーがいる一方で、その反対のトレーダーもいます。さらに、各トレーダーは異なる数量を購入または売却しようとするため、価値の面でトークンのアンバランスが常におこります。

例えば、あるトレーダーは1USDTをADAに交換するかもしれませんが、別のトレーダーは10,000USDTをADAに交換するかもしれません。

イールドファーミングのシェアプール

さて、ここまで取引ペアについて説明してきましたが、次にそれぞれの流動性プールにおいて自分の取り分がどのように決まるかを説明します。

重要なのは、このペアに流動性を提供するのは自分だけではないことです。その代わり、受動的な収入を得る目的でイールドファーミングプールにトークンを入金する他の投資家が大勢います。

ここで例をみてみましょう

  • BNB/BUSD取引ペアに資金を入金するとします。
  • 1BNB(500ドル相当)、500BUSD(500ドル相当)を入金します。
  • イールドファーミングプールには合計で10BNBと5,000BUSDが存在します。
  • ここで、自分はBNBとBUSDの合計の10%を所有していることになります。
  • つまり、イールドファーミングプールの10%を所有することになります。

イールドファーミング契約の取り分は、利用している分散型取引所のLP(流動性プール)トークンで表わされます。

そして、プールからトークンを引き出す時は、このLPトークンを分散型取引所に売り戻すことになります。

取引手数料 ファンドイールド ファーミングAPYs

先ほど、買い手と売り手がイールドファーミングプールからトークンを交換するとき、手数料がかかると簡単に記載しました。これは、取引所が分散型か中央集権型かにかかわらず、取引サービスにアクセスする際の原則です。

イールドファーミングプールの投資家として、ユーザーは買い手と売り手が取引所に支払う取引手数料の分け前を得る権利があります。

まず、取引所がそれぞれのイールドファーミングプールとどのような割合で共有しているかを判断する必要があります。次に、上で説明したように、プールでの自分の取り分を把握する必要があります。

DeFi Swapの場合、取引所は流動性プールに資金を供給したものに対して、徴収されたすべての取引手数料の0.25%を提供します。自分の取り分は、保有するLPトークンの数によって決定されます。

徴収された取引手数料の計算方法の例については、後ほどご紹介します。

イールドファーミングでどのくらい稼げるのか?

イールドファーミングでいくら儲かるかの決定的なものは一つもありません。繰り返しますが、ステーキングとは異なり、DeFiイールドファーミングは固定金利で運営されているわけではありません。

その代わり、主な変動要因は以下の通りです。

  • 流動性を提供する特定の取引ペア
  • 取引プールにおける自分のシェア率
  • 各トークンの変動と価値の上昇・下降
  • 取引手数料の分配率
  • 流動性プールの取引量

DeFiイールドファーミングを始めるにあたって、以下の項目で上記の内容をより詳しく見ていきます。

イールドファーミングに最適な取引ペア

まず考慮すべきことは、DeFiイールドファーミングに参加する際に流動性を提供する特定の取引ペアです。一方では、現在のプライベートウォレットに保有している特定のトークンに基づいてペアを選択することもできます。

例えば、現在EthereumとDecentralandを所有している場合、ETH/MANAの流動性を提供することを選択することができるでしょう。

しかし、現在それぞれのペアの両方のトークンを所有しているからといって、流動性プールを選択することは避けた方がいいでしょう。というのも、より高いAPYが他の場所で利用できるかもしれないからです。

DeFi Swapを利用すれば、自分のウォレットをDeFi Swapに接続し、変換するだけでいいので、簡単、迅速、かつコスト効率よく、希望のイールドファーミングプールに必要なトークンを入手することができます。

そして、新たに購入したトークンは、好きなイールドファーミングプールに使用することができます。

ハイ(高)出資、ハイリターン

もちろん、流動性プールの利回りが高ければ、同じイールドファーミング契約を結んでいる他のユーザーより大きな報酬を得られる可能性があることは言うまもありません

例えば、イールドファーミングのプールが24時間以内に200ドルの価値のある暗号を収集するとします。プールへの出資額が50%であれば、100ドルを獲得することになりますが、出資比率が10%の人は20ドルしか稼げません。

変動がAPYに与える影響

減損のリスクについては後述しますが、流動性を提供しているトークンの変動がAPYに大きな影響を与えることを知っておく必要があります。

したがって、変化する市場価格を気にすることなく、単純に保有トークンの利息を得たいのであれば、イールドファーミングの際にステーブルコインを選択するのがいいでしょう。

例えば、ETH/USDTをファーム化するとします。USDTが米ドルと固定されるとすると、価格の上昇や下落によってAPYが常に調整されることなく、安定した利回りを享受することができます。

分散型取引所からの分割比率

各中央集権的取引所は、そのイールドファーミングサービスで提供される分割率に関して、独自の方針を持っています。

先に述べたように、DeFi Swapでは、自分が出資しているプールに対して徴収された取引手数料の0.25%をプラットフォームが負担することになっています。これは、自分がそれぞれのファーミングプールに持っている出資比率に比例しています。

例えば

  • 例えば、ADA/USDTに賭けるとします。
  • このファーミングプールへの自分の賭け金は30%とします。
  • DeFi Swapでは、この流動性プールはその月の取引手数料として$100,000を徴収します。
  • DeFi Swapは0.25%の分配を提供します – 従って$100,000に基づくと$250です。
  • 徴収された手数料の30%が自分のものなので、250ドルの場合、75ドルです。

もう一つ重要なことは、イールドファーミングの収益は現金ではなく暗号で支払われることです。さらに、取引所が自分の利益を分配する特定のトークンを確認する必要があります – これは1つのプラットフォームから別のものに変わる可能性があるためです。

ファーミングプールの取引量

この指標は、DeFiイールドファーミングからいくら稼げるかを決める重要な要因の一つです。一言で言えば、ファーミングプールが買い手と売り手から集める量が多ければ多いほど、より多くの手数料を集めることができます。

そして、ファーミングプールが徴収する手数料が多ければ多いほど、より多くの収入を得ることができます。例えば、ファーミングプールで80%の株式を保有することは悪くありません。しかし、もしそのプールの1日の取引量がたったの100ドルであったとしたら、手数料は数セントしか集められず、80%の出資は意味がなくなってしまいます。

一方、1日の取引量が100万ドルのファーミングプールに10%の出資をしているとしましょう。これでは、プールが多額の取引手数料を徴収する可能性が高いため、自分の10%の株式はとても有利になる可能性があります。

イールドファーミングは儲かるの?DeFi イールドファーミングのメリット

DeFiイールドファーミングは、デジタル資産から受動的収入を得る良い方法となり得ます。しかし、この分野のDeFi空間は、すべての投資家には適していないこともあります。

そこで、以下では、ユーザーが十分な情報を得た上で決断できるようにDeFiイールドファーミングの主な利点を挙げていきます。

受動的利益

DeFiイールドファーミングの利点の一つは、プールの選択と取引の確認以外、プロセス全体が受動的であるということです。つまり、何もしなくても保有状態の暗号トークンにAPYが発生するのです。

そして注意することは、これは暗号投資で得た元金に追加されるものだということです。

暗号の所有権を保持

暗号通貨トークンをイールドファーミングプールに預けたからといって、その資金の所有権を放棄するわけではありません。それどころか、常に完全な管理下にあります。

つまり、最終的にファーミングプールからトークンを引き出す際には、トークンは自分のウォレットに戻されることになるのです。

大きなリターンが期待できる

DeFiイールドファーミングの主な目的は、暗号通貨のリターンを最大化することです。イールドファーミングプールからどれだけの利益が得られるか確実なことは分かりませんが、これまでに、リターンは従来の投資よりもかなりの額で上回っています。

例えば、銀行口座に資金を預けても、少なくとも欧米では年率1%を超えることはほとんどありません。それに比べ、イールドファーミングプールの中には、2桁、あるいは3桁のAPYを生み出すものもあります。つまり、暗号財産をより速いペースで成長させることができるのです。

セットアップコスト不要

暗号通貨のマイニングとは異なり、イールドファーミングは始めるのに何の資金も必要ありません。その代わり、イールドファーミングプラットフォームを選び、好みのプールに資金を預けるだけでいいのです。

このように、イールドファーミングは低コストで受動的収入を得ることができます。

ロックアップ期間なし

固定ステーキングとは異なり、ロックアップ期間が設けられていないので、イールドファーミングは保有トークンの利息を得る柔軟な方法です。

その代わり、いつでもボタンをクリックするだけで流動性プールからトークンを引き出せます。

最適なファーミングプールを簡単に狙える

先ほども少し触れましたが、APYを最大化するために、最適なイールドファーミングプールを狙うことは難しくありません。

現在、希望するプールに必要なデュオのトークンがない場合、DeFi Swapのような分散型取引所で即座に交換することができます。

例えば、ETHとDAIを所有しているが、ETH/USDTファーミングプールからお金を稼ぎたい場合、必要なのは自分のウォレットをDeFi Swapに接続し、DAIをUSDTに交換するだけです。

イールドファーミングのリスク

DeFiイールドファーミングとは、多くのメリットがある反面、リスクも伴います。

イールドファーミングの投資を進める前に、以下のようなリスクを考慮する必要があります。

減損損失

DeFiイールドファーミングの投資で考えられる主なリスクは、減損損失に関するものです。

減損損失の例は以下の通りです。

  • イールドファーミングプールのトークンが12ヶ月間で40%のAPYを引き受けたとします。
  • 同じ 12 ヶ月間で、プライベートウォレットで両方のトークンを保有していた場合、自分のポートフォリオの価値は 70%増加していたでしょう。
  • したがって、流動性プールに預けるのではなく、トークンを保有することでより多くの利益を得ることができたので、減損が発生しました。

減損損失の計算の基礎となる数式は、やや複雑です。とはいえ、ここでの主なことは、流動性プールで保有する2つのトークンの間の乖離が大きいほど、減損損失が大きくなるということです。

繰り返しになりますが、減損のリスクを軽減する最善の方法は、少なくとも1つのステーブルコインで構成される流動性プールを選択することです。実際、DAI/USDT のような純粋なステーブルコインのペアを検討することもできます。両方の安定コインが 1 米ドルに固定されている限り、乖離の問題は発生しません。

変動リスク

イールドファーミングプールに預けるトークンの価値は、一日を通して上下します。つまり、変動リスクを考慮する必要があります。

例えば、BNB/BUSDをファームすることにして、報酬はBNBで支払われるとします。トークンをファーミングプールに預けてからBNBの価値が50%下落した場合、おそらく損失を出すことになるでしょう。

イールドファーミングのAPYで稼いだ分より下落幅が大きい場合はそうなります。

不確実性

より大きなリターンが期待できる反面、イールドファーミングには多くの不確実性があります。つまり、イールドファーミングでどれだけの利益が得られるか、全く分からないのです。

確かに、分散型取引所の中には、各プールの横にAPYを表示しているところもあります。しかし、これは推定値にすぎません。暗号化市場がどのように動くか、誰も予測はできません。

このことを考え、もし明確な投資戦略を立てたいタイプであれば、ステーキングの方が向いているかもしれません。

これは、ステーキングには通常、固定されたAPYが付属しているため、利息がいくら発生する可能性があるのか正確にわかるからです。

イールドファーミングは税金がかかるのか?

暗号通貨税は、把握するのが複雑な分野です。さらに、具体的な税金は、住んでいる国などで変わってきます。

しかし、多くの国では、イールドファーミングは所得と同じように課税されるのが普通です。例えば、2,000ドル相当の収益をイールドファーミングから得た場合、それぞれの課税年度の所得に加算する必要があります。

さらに、世界の多くの税務当局は、これをイールドファーミングの報酬を受け取った日の価値に基づいての報告を要求しています。

イールドファームのようなDeFiプロダクトに関する税金の詳細については、アドバイザーなどに相談するのが一番良いでしょう。

DeFiイールドファーミングのためのプラットフォームの選び方

DeFiイールドファーミングの仕組みを一通り理解したところで、次にやるべきことは、正しいプラットフォームの選択です。

自分に最適なイールドファーミングサイトを選択するために、以下の特徴に注目してみてください。

ファーミングプールのサポート体制

プラットフォームを探す際、まず最初に行うべきことは、どのようなイールドファーミングプールに対応しているかを探ることです。

例えば、XRPとUSDTを豊富に保有していて、両方のトークンのリターンを最大化したい場合、XRP/USDTの取引ペアをサポートするプラットフォームが必要です。

さらに、広範囲のイールドプールへのアクセスを提供するプラットフォームを選択することが良いでしょう。そうすることで、可能な限りAPYを生成するための視点と1つのプールから次へ交換する機会を持つことになります。

交換ツール

先ほど、イールドファーミングの経験が豊富な人は、プールから次のプールへ移動することが多いと記述しました。

これは、価格、取引量、変動などを取り巻く市場の状況に応じて、APYを提供するイールドプールを比較できるからです。

したがって、イールドファーミングをサポートするだけでなく、トークンスワップもサポートするプラットフォームを選択することをお勧めします。

DeFi Swapでは、ユーザーはボタンをクリックするだけで、あるトークンと別のトークンを交換することができます。分散型プラットフォームであるため、アカウントの開設や個人情報の提供は必要ありません。

ウォレットをDeFi Swapに接続し、希望する数量と一緒に交換したいトークンを選択すると、すぐに接続されたウォレットで選択したトークンが表示されます。

取引手数料のシェア

選択したプラットフォームが徴収する取引手数料の分割率が高ければ、イールドファーミングでより多くのお金を稼ぐことができます。プロバイダを選択する前に確認しましょう。

分散型

イールドファーミングのプラットフォームはすべて分散型であるという印象をお持ちかもしれませんが、必ずしもそうとは限りません。Binanceのような中央集権的な取引所もイールドファーミングサービスを提供しています。

中央集権的なプラットフォームは、口座が停止・閉鎖される可能性があります。これに対し、DeFi Swapのような分散型取引所では、ユーザーの資金を保持することはありません。

その代わり、すべてが分散型のスマートコントラクトによって実行されます。

DeFi Swapで今すぐイールドファーミングを始める – 手順チュートリアル

暗号通貨トークンの利回りを上げたく、それにはイールドファーミングが最適なDeFiプロダクトだと考えているなら、今すぐDeFi Swapをセットアップしてください。

ステップ1:ウォレットとDeFi Swapを接続する

DeFi Swapのウェブサイトに アクセス し、トップページの左側にある「Pool」ボタンをクリックします。

次に、「ウォレットに接続」をクリックし、MetaMaskかWalletConnectのどちらかを選択する必要があります。後者では、Trust Walletを含む、ほぼすべてのBSCウォレットをDeFi Swapに接続することができます。

ステップ2:流動性プールの選択

自分のウォレットをDeFi Swapに接続したところで、流動性を提供したい取引ペアを選択する必要があります。上位のインプットトークンとして、「BNB」のままにしておきます。

これは、DeFi Swapが現在、Binance Smart Chainに上場しているトークンに対応しているためです。近いうちに、この取引所はクロスチェーン機能にも対応する予定です。

次に、2つ目の入力トークンとしてどのトークンを追加するかを決定する必要があります。例えば、BNB/DEFCの流動性を提供したい場合、ドロップダウンリストからDeFi Coinを選択する必要があります。

ステップ3:数量選択

次に、流動性プールに追加したいトークンの数をDeFi Swap選択してください。この際、現在の為替レートに基づく金額で同額であることを忘れないでください。

例えば、上の画像では、BNBフィールドの横に「0.004」と入力しています。DeFi Swapプラットフォームでは、デフォルトで、DeFi Coinでの相当額は7 DEFC強であると表示されます。

ステップ4:イールドファーミングの取引を承認する

最後は、イールドファーミングの取引を承認します。まず、DeFi Swapの取引所で「DEFCを承認する」をクリックします。もう一回確認すると、ウォレット内にDeFi Swapに接続した旨のポップアップ通知が表示されます。

これは、ウォレットからDeFi Swapスマートコントラクトへの転送を承認するかどうかを確認するものです。最後に確認すると、スマートコントラクトが残りを処理します。

これは、ファームアップを希望する両方のトークンがDeFi Swapのそれぞれのプールに追加されることを意味します。それらは、引き出しを決定するまで、ファーミングプールに残るので、いつでも行うことができます。

DeFiイールドファーミングガイド:まとめ

このガイドで、DeFiイールドファーミングの仕組みをしっかりと理解することができたと思います。潜在的なAPYと条件の重要な要素、そして変動と減損に関連するリスクについて説明しました。

DeFi Swap を使って、今すぐイールドファーミングを始めることができます。そして何より、DeFi Swapイールドファーミングツールを利用するためにアカウントを登録する必要がないのです。

代わりに、ウォレットをDeFi Swapに接続し、流動性を提供したいイールドプールを選択するだけです。

よくある質問

イールドファーミングとは?

今からできるイールドファーミングの始め方

イールドファーミングは稼げるの?

Expert score

5

Etoro-初心者とエキスパートに最適

  • 分散型取引所
  • BinanceスマートチェーンでDeFiコインを購入する
  • 安全性が高い
あなたの資本は危険にさらされています。

Join the DeFi Coin Chat on Telegram Now!

X