分散型金融(DeFi)は、指数関数的なペースで成長しています。このセクターでは、投資家が様々な商品やサービス(イールドファーミング、ステーキング、利息口座などを含むがこれらに限定されない)を通じて収益を上げることができるようになっています。

このビギナーズガイドでは、今すぐDeFi に投資して魅力的な利回りを生み出す方法を解説しています。

目次

DeFiへの最適な投資法一覧

以下が、今日のDeFiの最適な投資方法のリストです。

  1. DeFiトークンに投資 – DeFi に投資する全体的なベストな方法。
  2. DeFi Staking – 暗号トークンをロックすることで魅力的なAPYを得ることができる。
  3. DeFi Yield Farming – DeFi 取引所に流動性を提供し、利回りを得る。
  4. DeFi利息口座 – 暗号トークンを預金口座に預けて利息を得る。
  5. DeFiローン – 有担保暗号ローンでDeFi へのエクスポージャーを最大化する。

本ガイドでは、上記のDeFi 投資について詳しく説明しています。

2022年のDeFiの最適な投資方法を詳しく紹介

家にいながらDeFiに投資できる方法はたくさんあります。

DeFi の投資商品および/またはサービスには、それぞれ独自のリスクと潜在的な報酬が伴います。そのため、資金をリスクに晒す前に、それぞれのDeFi 投資について正しく理解することが重要です。

以下のセクションにて、2022年にDeFi に投資するための最適な方法について詳しく説明します。

1. DeFiトークンに投資する – 総合的なベストな投資方法

2022年にDeFiに投資する総合的に最善の方法は、自身のポートフォリオにいくつかのトップクラスのDeFiトークンを追加することです。簡単に言えば、これらは分散型金融分野に直接関与している暗号通貨プロジェクトで、様々な角度から考えることができます。

例えば、ローンサービスの提供に関わるDeFiトークンもあれば、分散型取引所を提供するDeFiトークンもあります。また、アルゴリズムによる安定したコイン技術を提供するDeFiトークンもあれば、メタバースへの分散型アクセスを構築しているトークンもあります。いずれにせよ、選んだDeFiトークンに投資することで、直接的なエクスポージャーを得ることができます。

この分野の成長プロジェクトの一例がDeFi Coin (DEFC)です。このデジタル通貨は、幅広い分散型金融サービスを提供するDeFiスワップ取引所をサポートしており、トークンのスワップやイールドファーミング、ステーキングやNFTなど、あらゆるサービスが含まれます。DeFiコイン自体には、興味深い測定基準がいくつもあります。

まず最初に、誰かがDeFi Coinを売る際に、それが中央集権的な取引所や分散型取引所であれ、その取引から10%が手数料として自動的に徴収されます。例えば、トレーダーが1000ドル分のDeFi Coinを売った場合、100ドルが課税されます。この100ドルのうち、50ドルは配当プログラムを通じて既存のDeFi Coin保有者に分配されます。

残りの50ドルは、DeFi Coinの流動性プールに追加されることになります。重要なのは、長期的にDeFi Coinを購入し保有することで、DeFi Swap取引所の成長から利益を得ることができるということです。また、保有している限り、配当金の分配を受けることができます。

DeFi Coinへの投資方法

この革新的なデジタル通貨をポートフォリオに加えたいと場合、以下の簡単な手順で追加することができます。

ステップ1:BSCトークンに対応したウォレットを入手する

DeFi Coinは、Binance Smart Chain (BSC)の上で運用される暗号トークンです。そのため、今すぐDeFi Coinに投資するためには、まず、BSCネットワークに接続できるウォレットを持つ必要があります。

BSCのマーケットプレイスで最も人気のあるオプションは、Trust WalletとMetaMaskです。これらのウォレットはどちらもiOSとAndroid appで提供されていますが、MetaMaskはブラウザの拡張機能としても提供されています。

以下でも詳しく書かれています:

ステップ2:BNBをBSCウォレットに移動する

適切なウォレットを選択し、インストールしたら、次にいくつかのBNBトークンを入金する必要があります。これは、 DeFi CoinがBinance Smart Chain上でBNBと直接ペアリングされているためです。

Trust WalletとMetaMaskは、ウォレットから直接クレジットカードやデビットカードでBNBを購入することができます。これは、BNBをウォレットに追加する便利な方法ですが、これらのプロバイダーはどちらもサードパーティの決済代行会社を使用しているため、手数料が高くなる可能性があります。

BinanceでBNBを購入するのもおすすめです。その際に、クレジットカード/デビットカードを使用した場合、平均2%の手数料がかかります。ただし、特定の手数料はお住まいの地域によって異なります。

どちらにしても、外部の取引所を利用してBNBを購入した場合、その後、トークンを選択したBSCウォレットに転送する必要があります。

ステップ3:BSCウォレットとDeFi Swapの接続

この段階でウォレットにBNBがあれば、次にDeFi Swap取引所経由でDeFi Coinに投資することになります。DeFi Swapを選択して購入を完了する際、口座開設や個人情報の提供は必要ありません。

その代わり、ウォレットを接続するだけで、DeFi Swap取引所のDeFi Coinに投資することができます。

DeFi Swap の取引所 にアクセスしたら、「Connect to a Wallet」ボタンをクリックします。

  • MetaMaskを使用している場合、該当するオプションをクリックします。
  • Trust Wallet、または他のBSCウォレットを使用している場合、 ‘WalletConnect’ をクリックし、画面に表示されるQRコードをスキャンしてください。

どのウォレットを使用するかに関係なく、DeFi Swap取引所への承認を確認する必要があります。これは非常に安全なプロセスであり、重要なのは、DeFi Swapがあなたの秘密鍵にアクセスすることは決してないということです。

ステップ4:注文の設定とDeFi Coinへの投資

いよいよDeFi Coinに投資するための注文を設定することができます。まず、「スワップ元」と「スワップ先」の通貨にそれぞれ’BNB’ と’DEFC’が設定されていることを確認します。

基本的に、スワップ注文は上の画像のようになります。次に、’BNB’と書いてあるところの横に、DeFi Coinと交換したいトークンの数を入力します。

数字を入力すると、現在のBNB/DEFCの為替レートに基づき、対応するDeFi Coinトークンの数が更新されます。

スワップを確認すると、現在DeFi Swapに接続されているウォレットにポップアップ通知が表示されます。承認を確認すると、DeFi Swapのスマートコントラクトが変換を完了し、その後DeFi Coinトークンがウォレットに追加されます。

DeFi Coinに投資するメリット

  • 時価総額が低い新進気鋭のDeFiプロジェクト
  • DeFi Swap取引所によるバックアップ
  • デイトレーダーによる価格操作を防ぐため、10%の手数料を徴収する。
  • 既存のDeFi Coin保有者は、徴収された手数料のうち半分を受け取ります。
  • 残りの半分は、DeFi Coinの流動性プールに追加されます。

DeFi Coinに投資するデメリット

  • 他の暗号通貨と同様で、DeFi Coin はハイリスクな資産です。

本製品、またはDeFi の製品・サービスに投資した場合、収益を上げることを保証するものではありません。ご自身の責任で進めてください。

2. DeFiスターキング – 暗号トークンをロックすることで魅力的なAPYを獲得できる

次に、自宅にいながらDeFiに投資できる商品として、ステーキングがあります。簡単に言うと、ステーキングでは、特定の日数の間、トークンをブロックチェーンネットワークにロックする必要があり、ブロックチェーンはネットワークの分散化を維持し、その後、第三者のサービスを必要とせずにトランザクションの確認と検証を行うことができます。

また、ステークはプロジェクトによって提供され、人々がトークンを長期的に保有する動機付けとなり、それぞれのエコシステムのボラティリティレベルを下げるのに役立ちます。トークンをステークすることで、魅力的な金利を得ることができますが、具体的な利率は、ステークしているトークンによって大幅に異なる場合があります。

例えば、DeFi Coinでは、保有者は最大75%のAPYでトークンをステーキングすることができます。これは、DeFi Coin がまだ成長段階にあるため、より高い利回りを提供することが求められているためです。一方、BNBのような確立された大規模プロジェクトは、ステーキング契約においてより低いAPYを提供しています。

ステーキング期間に関しては、多くの選択肢があります。例えば、DeFi Swapでトークンを賭ける場合、1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月の中から期間を選択することができます。トークンがステーク期間にロックされると、トークンにアクセスすることができなくなることを覚えておくことが重要です。

これは、トークンがスマートコントラクトにロックされるためで、調整したり取り消したりすることはできません。そのため、全期間にわたってトークンをロックしても問題ないか確認する必要があります。また、ほとんどの場合、選択した期間が長ければ長いほど、支払われるAPYが高くなります。

ステーキングの例

DeFiステーキングへの投資が自分に合っているかどうかを確認する際は、以下の例を確認ください。

  • 例えば、10,000 DeFi Coinトークンを賭けることにしたとします。
  • DeFi Swap取引所で6ヶ月の期間を選択し、60%のAPYを得ました。
  • 6ヶ月後、10,000 DeFi Coinのトークンはあなたのウォレットに戻されます。
  • また、3,000 DeFi Coinトークンのステーキング報酬も受け取ることができます。
  • この結果、あなたの残高は13,000DEFCになりました。

記載されているAPYからどのように特典を計算するのか気になるところですが、これは比較的簡単です。

上記の例では、60%のAPYを選択しました。つまり、トークンを1年間ステーキングしていた場合、最初の入金額10,000DEFCに対して6,000DEFCを受け取ることができたのに対し、6ヶ月の期間を選択し、3,000DEFCだけ受け取ることになりました。

ボラティリティの影響

DeFiステーキングに投資する前に、ボラティリティリスクのメリットとデメリットも考慮しましょう。自身のトークンがステーキング・スマートコントラクトから解放される際に、その市場価値が変化していることはほぼ確実です。これは有利に働くことも不利に働くこともあり得ます。

  • 先ほどの例から話を進めると、10,000枚のDeFi Coinトークンを入金したとき、1DEFCは1ドルの価値があったとします。
  • つまり、入金時の総投資額は10,000ドルでした。
  • 6ヵ月後、DEFCは1トークンあたり2ドルで取引されていたとします。
  • 6ヶ月経過後に13,000枚のDEFCをバックで受け取ったため、合計26,000ドルの価値になります。
  • これは、最初の投資額10,000ドルから16,000ドルの利益を得たことになります。

しかし、DEFCは6ヶ月の賭け期間が過ぎた後、1ドルを下回る価格で取引されていたかもしれません。

  • 例えば、13,000トークンを受け取った時、DeFi Coinは0.50ドルで取引されていたとします。
  • この場合、投資総額は6,500ドルの価値となり、最初の投資額10,000ドルから3,500ドルの損失が発生したことになります。

最終的には、DeFiステーキングに投資すると所有するトークンの数が増えますが、期間が終了する頃には、より低い価格で取引されているかもしれないことも考慮する必要があることだけは覚えておきましょう。

DeFiスターキングの投資方法

DeFiステーキングの投資方法の概要については、以下をご覧ください。

  • ステップ1: DeFi Swapにアクセス – まず、 DeFi Swapの取引所にアクセスし、 「Farm」をクリックします。
  • ステップ2: ウォレットをDeFi Swapに接続 – 次に、「Connect Wallet」をクリックします。お好みのウォレットを選択し、DeFi Swapへの接続を認証します。
  • ステップ3: ステーキングトークンの選択 – ウォレットがDeFi Swapに接続された後、ステーキングしたいトークンを選択することができます。
  • ステップ4: ステーク期間の選択 – 30日、90日、180日、365日の中からご希望のステーク期間を選びます。
  • ステップ5: ステーキングアグリーメントの確認 – 最後に、接続されたウォレットを介してステーキングアグリーメントを確認します。

すべての確認後、トークンはDeFi Swapのスマートコントラクトに入金されます。選択した期間が過ぎると、最初の入金額と発生したステーク報酬が返金されます。

もっと詳しく: ステーキングに関する完全なガイドは こちらでご覧いただけます。

DeFi Stakingへの投資のメリット

  • 暗号トークンから魅力的な利回りを得ることができます。
  • 様々なロックアップ条件から選択することができます。
  • キャピタルゲインに加え、パッシブインカムを得ることができます。
  • 数分でステーキングの条件を設定することができます。

DeFiスターキングへの投資のデメリット

  • 選択したステーキングの期間が終了するまで、トークンを引き出すことはできません。
  • ボラティリティ・リスクを考慮する必要があります。

本製品、またはDeFiの製品・サービスに投資した場合、収益を上げることを保証するものではありません。ご自身の責任で進めてください。

3. DeFiYield Farming – DeFi取引所に流動性を提供することにより、利回りを得る。

DeFiに投資するもう一つの一般的な方法は、イールドファーミングを経由することです。これは、利息を得る目的でDeFiスマートコントラクトにトークンを貸すという点で、ステーキングと多少似ています。しかし、イールドファーミングは、トークンを流動性プールに預けるという意味で変わってきます。

問題の流動性プールは、買い手と売り手が分散型プールでトークンを取引できるようにするものです。したがって、各流動性プールは、DEFC/BNBやBTC/BUSDといった取引ペアで構成されています。 投資家として、それぞれのペアの両方のトークンを預ける必要があります。

それだけでなく、両プロジェクトの現在の市場価値に応じて、各トークンを等量ずつ提供する必要があります。例えば、BNB/DEFCのペアに流動性を持たせたいと考えているとします。その時、BNBの市場価値は300ドル、DEFCの市場価値は1ドルとします。

つまり、1BNBを入金するごとに(300ドル)、300DEFCも送金する必要があることになります。各トークンを300ドル預けるにあたり、総出費は600ドルです。DeFiイールドファーミングに投資するメリットとしては、トークンがそれぞれの取引ペアによって保有されている限り、受動的な収入を得ることができます。

これは、誰かがペアからトークンを売買するたびに、取引手数料を支払うことになるからです。そして、それぞれの流動性プールの出資者として、スマートコントラクトによって集められた資金の何パーセントかを得ることになります。受け取ることができる具体的な金額は、以下のセクションで詳しく説明します。

Yield Farmingの例

イールドファーミングから得られる可能性のある利益を評価する際に考慮すべき点がいくつかあります。まず、イールドファーミングのペアにトークンを預けると、プールの何パーセントかを所有することになります。この割合は、他の人と比較してあなたがどれだけ多くのトークンを預けているかに基づいています。

例えば:

  • 例えば、300ドルのBNBを1枚、同じく300ドルのDeFi Coinを300枚預け入れたとします。
  • ここで、それぞれのプールにあるBNBは5枚、DeFi Coinは1,500枚であるとします。
  • つまり、BNB/DEFCプールの20%を所有していることになります。

イールドファーミング・プールに占める割合がわかったところで、次にどれだけの利益を得ることができるか評価をする必要があります。重要なことは、ステーキングとは異なり、イールドファーミングの場合、固定されたAPYは存在しないことです。

なぜなら、プールが取引手数料でいくら集めるか、パーセンテージがいくらか、そしてトークンの価値が上がるか下がるかによって、すべてが決まるからです。

  • 選択したイールドファーミング・プラットフォームが、集めた取引手数料の2%を提供するとします。
  • プールの20%を所有しています。
  • 30日後、取引ペアは4BNBと1,200DeFi Coinを集めました。
  • このプールの取り分は、0.8BNB(4BNBの20%)と240DeFi Coin(1,200DeFi Coinの20%)に相当します。

イールドファーミングについてもう一つ注意すべき点は、それぞれの取引ペアのシェアは通常LP(流動性プール)で表されるということです。

プールから投資を引き出すには、LPトークンを預けた元のコインにスワップする必要があります。良いニュースは、ステーキングとは異なり、イールドファーミングプールに関与する際にあなたのトークンをロックアップする必要がほとんどないことです。そのため、資金にアクセスする際に、より柔軟性があります。

減損損失

DeFiイールドファーミングに投資する前に考慮しなければならない主なリスクの1つは、減損損失です。

減損損失の主な概念は、イールドファーミングプールに預けられているトークンの価値が低下したときに、お金を失う可能性があるということです。

具体的には、トークンをプライベートウォレットや取引所に保管しておくよりも、イールドファーミングによる利益が少ない場合に、減損が発生するのです。

  • 例えば、トークンをDEFC/BNBプールに3ヶ月間保管したとします。
  • その際、APYを100%にした場合、3ヶ月間の実質利回りは25%ということになります。
  • しかし、同じ期間に、2つのトークンは公開市場で45%も値上がりしました。

このように、イールドファーミングの過程で、実際に利益が減ってしまったというのは、減損の典型例と言えるでしょう。

DeFi イールドファーミングへの投資方法について

DeFi Swapは、ボタンをクリックするだけで起動できる、多数のイールドファーミングプールをサポートしています。

このために、DeFi Swapを使用する場合、選択したペアから収集したすべての取引手数料の0.25%を、プールのあなたのシェアに比例して獲得することができます。

DeFi Swapは取引量を増やし続けているため、トークンで受動的な収入を得るための有利な方法を提示することができます。

DeFi Swapを利用してイールドファーミングプールに投資する場合は、以下のガイドに従ってください。

  • ステップ1: DeFi Swapにアクセス – まず、 DeFi Swapの取引所にアクセスし 、「Pool」をクリックします。
  • ステップ2: ウォレットをDeFi Swapに接続する – 次に、「Connect Wallet」をクリックします。お好みのウォレットを選択し、DeFi Swapへの接続を認証します。
  • ステップ3: イールドファーミングペアの選択 – ウォレットがDeFi Swapに接続されたので、流動性を提供したいイールドファーミングペアを選択することができます。
  • ステップ4: イールドファーミングの数量を入力 – 預け入れたいトークンの数を入力すると、それぞれの数量がもう一方のコインに対して更新されます。例えば、2 BNBと入力すると、1,200 DEFCと更新されます。
  • ステップ5: イールドファーミング契約の確認 – 最後に、DeFi Swapに接続されているウォレットを通じて、イールドファーミング契約を確認する必要があります。

ウォレットで投資を確認した後、トークンはそれぞれの流動性プールに預けられます。トークンがプールにある限り、あなたは収集された取引手数料から受動的な収入を得ることができます。

DeFi イールドファーミングへの投資のメリット

  • 非常に高い利回りを得るチャンス!
  • 暗号トークンで収入を得る100%受動的な方法。
  • 多くの取引ペアをサポート。
  • DeFi取引所の日々の取引量が増加するにつれて、収益が指数関数的に増加する可能性があり。
  • トークンをロックする必要がない場合が多いので、即時引き出しが可能。

DeFi イールドファーミングへの投資のデメリット

  • 高いボラティリティリスク。
  • 減損により利益がマイナスになる可能性あり。

本製品、またはDeFiの製品・サービスに投資した場合、収益を上げることを保証するものではありません。ご自身の責任で進めてください。

4. DeFi金利口座 – 暗号トークンを普通預金口座に預けて利息を得る。

DeFiに投資する最適な方法のリストの次は、暗号通貨の利子口座です。これは比較的新しいコンセプトで、利子を支払う従来の銀行口座と同じ原則に従っています。つまり、このDeFi製品は、トークンをプロバイダのウォレットに入金する必要があり、金利を支払うことになります。

場合によっては、金利が固定されることもあり、自身の利子口座の預金に獲得する金額を正確に知っていることを意味します。いくつかのプラットフォームでは、より広い市場の状況に基づいて変更される可変レートを提供しており、ロックアップ期間は、自身で選択したプロバイダによって異なります。

いくつかのプラットフォームでは、最大12ヶ月の柔軟な出金契約から及ぶことができるさまざまな条件を提供しています。ほとんどの場合が、長期的に支払われ、得ることのできる利息は、第三者の融資から生じます。

つまり、暗号トークンは他人に貸し出され、借りた資金に対する利息を支払うことになります。このDeFi商品を選ぶ際に直面するリスクは、借り手の多くが貸し倒れになることです。そのため、DeFiローンを提供する業者は、借り手から担保を要求しています。

つまり、ローンの価値が未払いのままであれば、提供者は預けてある担保を売却すればよいのです。さらに、担保の価値が一定の割合で下落した場合も、借り手が資金を追加しなければ、提供者がトークンを売却することになるのです。

利回りに関して言えば、ステーキングやイールドファーミングと比較すると、得られる利息の額はかなり低くなることが多いですが、APYは従来の銀行口座から得られるものよりもかなり競争力があることは間違いないでしょう。実際、この市場ではUSDTやBUSDのようなステーブルコインで2桁のAPYを得ることも可能です。

DeFi金利口座の例

暗号通貨の利息口座が全く初めての方は、以下の例をご覧いただき、このDeFi投資商品が自身に合っているかどうかを確認しましょう。

  • 例えば、Fraxトークンを暗号通貨の利息口座に投資することにしたとします。
  • Fraxは安定したコインなので、理論的には常に1ドルに近い値で維持されます。
  • 選択したプロバイダーは、3ヶ月のロックアップを通じてFraxに12%のAPYを提供します。
  • 10,000トークンを入金します。
  • 3ヶ月経過後、10,000Fraxと300トークン相当の利息を受け取る。
  • APY12%を確保したものの、3ヶ月のロックアップ期間を選択したため、利息は300Fraxとなります。

上記の例のように、暗号の金利口座は、資金収入を得るための簡単な方法を提供していますが、次のセクションで説明するように、この市場の利子口座は通常、中央集権型プラットフォームによって提供されます。

中央集権型のリスク

DeFiの最も重要な部分は、分散型プロバイダーを通じて利回りを生む製品やサービスに投資することです。しかし、利子口座を提供する多くのプラットフォームは中央集権的であることに注意しましょう。

つまり、暗号利息口座に資金を入金すると、プロバイダがユーザーのトークンを完全に管理することになるため、当該プロバイダが正当なものであり、引き出しを行うことを決定したときに、支払うべきもののを支払いを信頼する必要があります。

このリスクは、分散化が進んでいるDeFiプラットフォームのみを利用することで回避することができます。例えば、DeFi Swapが提供するサービスを利用する場合、プラットフォームを信頼する必要は決してありません。その代わり、トークンは操作や逆戻りができない安全なスマートコントラクトに預けられます。

つまり、出金を希望するとすぐに、スマートコントラクトは、最初に投資を完了するために使用したウォレットにトークンを戻すことだけが可能なのです。

DeFi金利口座への投資のメリット

  • アイドル状態の暗号トークンで収入を得るシンプルな方法。
  • 従来の銀行口座で得られるものよりはるかに高い利率。
  • 様々な条件から選択可能。

DeFi金利口座への投資のデメリット

  • 暗号利息口座の大半は集中管理されている
  • 選択した期間が終了するまで、トークンにアクセスすることはできない。
  • トークンは借り手に貸し出されるため、大量の債務不履行が発生すると損失を被る可能性があり。

DeFi Swap -ステーキングとイールドファーミングのための主要な分散型取引所にて

本製品、またはDeFiの製品・サービスに投資した場合、収益を上げることを保証するものではありません。ご自身の責任で進めてください。

5. DeFi ローン – 暗号担保ローンでDeFiへの露出を最大化する

分散型金融の分野でもう一つ注目すべきなのは、DeFiローンの分野です。この商品は、現在所有している暗号トークンを担保にリアルタイムで資金を借りることができます。そのため、安全なローンを利用することになります。しかし、銀行が提供する従来のローンとは異なり、信用調査プロセスを経る必要はありません。

さらに、ユーザーの所得と財政状態を証明するために任意の書類を提出する必要はありません。実際、DeFiローンプラットフォームは、個人情報や連絡先の詳細を提供する必要さえありません。ローンは、ボタンをクリックするだけで瞬時に承認されます。

いくら借りられるかという点では、いくつかの要因に依存し、各DeFiプラットフォームは、独自のLTV(ローン・トゥ・バリュー)制限を設けています。これは、担保の価値に対して、借りることができる割合で、選択したプラットフォームが80%のLTVでDeFiローンを提供しているとします。

つまり、仮に5,000ドル相当の暗号通貨を預けた場合、4,000ドルまで借りることができるのです。真のDeFiローン・プラットフォームは不換紙幣に関与しないため、これは暗号トークンで支払われることになる。それでも、USDTのようなステーブルコインを借りることができ、簡単に現金に変換することができます。

留意すべきもう一つのことは、DeFiローンに利息を支払う必要があることです。金利は、選択したプラットフォームとあなたが同意するそれぞれの期間に応じて異なります。あなたに余裕がある時に資金を返済できることを意味し、DeFiローンサイトは従来の条件でローンの貸し出しを行いません。

しかし、担保の価値が一定の割合で低下した場合、DeFiローンプラットフォームは担保の一部を売却せざるを得なくなるため、さらにトークンを追加するよう求められます。

暗号へのエクスポージャーを増やす

DeFiローンは、トークンを現金化せずにデジタル資産分野へのエクスポージャーの価値を高めたい場合に検討すべき素晴らしいツールになります。これは、ローンが残っている限り、預けた担保を管理することになり、担保の価値が上昇すれば、その恩恵を受けることができます。

さらに、DeFiローンから受け取った資金は、その後、暗号資産に再投資することができます。これにより、自由に使える資本を持つ必要なく、大量の暗号通貨をコントロールすることができるようになります。

例えば:

  • 例えば、3,000ドル相当のAAVEを持っているとします。
  • 投資時、AAVEは100ドルで取引されています。
  • このAAVEをDeFiプラットフォームに入金し、LTV50%でローンを組みます。
  • あなたはAAVEでローンを組むことを決定します。
  • つまり、1,500ドル相当のAAVEを受け取ることになります。
  • 2ヶ月後、AAVEは140ドルで取引されており、40%増加しています。

AAVEの価値上昇の恩恵を受けるために、投資を現金化すること決めます。

あなたの利益は以下の通りです:

  • 3,000ドルの預金に対して、40%増加したことになり、当初の投資額は現在4,200ドルの価値があり、1,200ドルの利益となります。
  • 借りた1,500ドルのAAVEも、40%増加し、2,100ドルの価値となり、600ドルの利益となります。
  • 合計で、このDeFiローンベンチャーで1,800ドルの利益を得ました。

もちろん、ローンが残っている3ヶ月分の利息も支払っていることになりますが、DeFiローンのAPRは非常に競争力があるため、この例では、適切な量の利益を上げています。

暗号通貨セクターへのエクスポージャーを増やす目的でDeFiローンを利用することのリスクを考慮する必要があります。そのため、担保の価値が低下した場合、DeFiローンプラットフォームはトークンを清算することを余儀なくされる可能性があります。

また、借りたトークンの価値が下がれば、損失が発生する可能性が高くなります。

クリプトの露出を増やすためにDeFiローンに投資するメリット

  • 暗号通貨へのエクスポージャーの価値を高める。
  • トークンの売却は必要なし。
  • 信用情報のチェックや個人情報の入信用情報力は不要。

クリプトの露出を増やすためにDeFiローンに投資するデメリット

  • 借りたトークンに利息を支払う必要がある。
  • 担保の価値が一定の割合で低下した場合、プラットフォームが担保を売却。
  • 借りたトークンの価値が下がると損失を被る可能性がある。

DeFi Swap -ステーキングとイールドファーミングのための主要な分散型取引所にて

本製品、またはDeFiの製品・サービスに投資した場合、収益を上げることを保証するものではありません。ご自身の責任で進めてください。

DeFiは良い投資先か?

DeFiは今や数十億ドル規模のセクターですが、この投資シーンはまだ新しいため、まだ若いうちに投資することで、十分な成長性が残されていると言えます。

DeFiの主なコンセプトは、銀行や金融機関といった中央集権的なプロバイダーを通さずに、人々が資金を投資する手段を提供することで、投資家は他の市場参加者と直接つながることができます。

DeFiが適切な投資スペースかどうかまだわからない場合は、以下のセクションで説明する主な利点を確認ください。

平均以上の利回り

従来の投資商品は、年を追うごとにその魅力が薄れつつあり、欧米では、従来の銀行口座預金で1%を超える利回りが得られることはほとんどありません。

つまり、普通預金に資金を預けることで、インフレ率をカバーすることもできなくなるのです。2022年に入ってからのアメリカのインフレ率が7%を超えていることを考えると、お金の価値が下がり続けることを意味します。

それに比べ、DeFiに投資した場合、資金に対して非常に魅力的な利回りを生み出す可能性を秘めています。実際、インフレ率をかなりの額で上回ることも簡単です。

例えば、DeFi Coin をDeFi Swap スターキング契約に12ヶ月間預けると、75%のAPYを得ることができます。前述したように、ドルに裏付けステーブルコインでは、3桁のリターンを得ることも可能です。

財務的背景の調査なし

DeFiの大きな柱のひとつは、「金融サービスは、場所やバックグラウンドに関係なく、誰もが利用できるものであるべき」というものです。

したがって、あなたの財政状態がどのように見えるかに関係なく、DeFi Swapのようなプラットフォームは喜んであなたの投資のニーズを満たします。

重要なのは、DeFiのプラットフォームを介して投資するとき、あなたはどのような種類の金融バックラウンドチェックも行うする必要がないということです。また、個人情報や連絡先も必要ありません。

その代わり、ウォレットをそれぞれのプラットフォームに接続し、アクセスしたいDeFi投資商品を選択する必要があるだけです。

サードパーティーの排除

株式、ファンド、金など、従来の金融分野で資金を運用する場合、第三者であるブローカーを介する必要があります。

これは、ブローカーが代わって投資を保護する責任があることを意味し、ブローカーを信用するだけでなく、様々な手数料を請求されることになります。

  • これは、DeFiの仕組みとは全く対照的です。
  • 結局のところ、DeFi Swapのようなプラットフォームは分散型であり、仲介者を通さずに金融サービスにアクセスできることを意味します。
  • さらに、おそらく最も重要なのは、プラットフォーム自体にトークンを預ける必要がないことです。
  • その代わり、資金は基礎となるスマートコントラクトに振り込まれます。 DeFiプロバイダーはこれを操作することができません。

つまり、DeFiに投資することで、第三者のサービスを利用することなく、直接投資サービスを利用することができます。

時価総額が小さい場合

大手データ集計サイトCoinGeckoによると、執筆時点ではDeFiセクター全体の評価額はまだ500億ドル未満でした。

物事の大枠から見れば、これは微々たるもので、DeFiに投資するには今が絶好の機会です!

CoinGeckoはまた、2020年の変わり目に、DeFi分野の時価総額がわずか17億ドルであったことにも注目しています。つまり、わずか2年余りでDeFi分野の価値は2,700%以上上昇しました。

最後に

このガイドでは、今すぐDeFiに投資するためのステーキングやイールドファーミングから、利息口座やローンまで、あらゆることが詳しくまとまっています。

しかし、分散型金融に投資する最善の方法は、おそらくトップクラスのDeFiトークンを経由することです。

例えば、DeFi Coinは、ステーキングとイールドファーミングプールを介して魅力的なAPYを提供するDeFi Swap取引所をサポートしています。さらに、DeFi Coinは売り手に10%の取引手数料を課し、その半分を不変のスマートコントラクトを介して既存のトークン保有者に分配しています。

そのため、長期的なDeFi Coin保有者は、継続的な配当金で報われます。

本製品、またはDeFiの製品・サービスに投資した場合、収益を上げることを保証するものではありません。ご自身の責任で進めてください。

よくある質問

DeFiに投資するには、どのような方法がありますか?

DeFiの投資先はどこですか?

DeFiに匿名で投資することはできますか?

Expert score

5

Etoro-初心者とエキスパートに最適

  • 分散型取引所
  • BinanceスマートチェーンでDeFiコインを購入する
  • 安全性が高い
あなたの資本は危険にさらされています。

Join the DeFi Coin Chat on Telegram Now!

X