分散型取引所、DEXsは、中央集権的なプラットフォームを通さずに暗号通貨を売買することができる場所です。

DEXsは、個人情報を提供することなく取引が可能、手数料が安い、仲介業者を通す必要がないなど、中央集権型の取引所と比較して多くの中核的な利点を備えています。

この初心者向けガイドでは、分散型取引所について知っておくべきことを紹介し、中央集権型のプロバイダーではなく、分散型取引所の利用を検討する理由についても解説します。

分散型取引所の概要

分散型取引所とは、その名の通り、第三者を介さずにデジタル資産を売買できる暗号通貨プラットフォームのことです。

Binanceのような中央集権的な取引所では、いくつかの個人情報を登録し、口座に資金を入金する必要があるのとは対照的です。また、取引に関してですが、中央集権的な取引所では、伝統的なオーダーブックを使用し、暗号通貨を購入するには、取引の相手方に売り手が必要です。

これに対し、分散型取引所は仲介者を介さずに運営されており、ユーザーは口座を開設したり、個人情報を提供したりする必要はありません。分散型取引所では、プラットフォーム自体に資金を入金する代わりに、ユーザーは自分のプライベート・ウォレットを接続するだけでよく、安全で便利な仕組みになっています。

さらに、分散型取引所では、売買注文を促進するためのオーダーブックを使用せず、DEXsは自動売買マーケットメーカー(AMM)と呼ばれる比較的新しいシステムを使用しています。一言で言えば、AMMは流動性プールを主に活用しているということ。つまり、ユーザーがイーサリアムとDAIを交換する際に、必要なトークンがリアルタイムで流動性プールから取得される仕組みになっています。

分散型取引所は通常、中央集権型のプラットフォームよりもはるかに低い手数料を提供しています。DEXs はスマートコントラクト技術によって自律的に運営されているため、取引所の運営コストは低いのです。DeFi Swapを含むこの分野の多くのDEXs は、取引所サービスに加え、ステーキングやイールドファーミングなど、様々なツールを提供しています。

分散型取引所のメリットとデメリット

以下では、分散型取引所を利用するメリットとデメリットを簡単に説明します。

非中央集権型取引所のメリット

  • 第三者を介さずに暗号通貨を売買することが可能。
  • 口座開設や個人情報の提供は不要。
  • 中央集権的な取引所よりも低い手数料。
  • ユーザーは常に自分のトークンを完全にコントロールすることができる。
  • 暗号通貨を別の暗号通貨に交換するのにわずか数秒しかかからない。

非中央集権型取引所のデメリット

  • 流動性レベルは中央集権的な取引所と比べるとまだかなり低い。

本商品、またはDeFiの商品・サービスに投資した場合、収益を上げることを保証するものではありません。ご自身の責任で進めてください。

分散型取引所の仕組み

世界初の暗号通貨であり、現在も事実上選ばれているBitcoinの相対的な理由は、分散化です。つまり、世界中の人々が第三者を通さずに資金を送受信できるからです。

そのため、Bitcoinが誕生してから10年以上経った今、中央集権的な事業者を通してデジタル通貨を売買する理由はありません。

その代わり、分散型取引所では、中央集権的なプラットフォームで見られるようなツールや機能をすべて提供しますが、中間業者やカストディアン(投資家に代わり管理する機関)を必要としません。

分散型取引所について全く初めてで、その仕組みについて十分な情報が必要な場合、以下を確認しましょう。

スマートコントラクト

分散型取引所のフレームワーク全体は、スマートコントラクト技術に支えられており、取引所は第三者を介さずに運営され、その後の売買注文を行えます。

基礎となるスマートコントラクトは、基本的にトレーダーとブロックチェーンネットワークの間に位置しており、トレーダーがBNBをBUSDに交換したい場合、スマートコントラクトはブロックチェーンと自律的に通信し、交換を完了させます。

最も重要なことは、分散型取引所を管理するスマートコントラクトは、透明性と不変性の両方を備えていることです。一つ一つの取引をそれぞれのブロックチェーン上で閲覧することができます。

また、いかなる人物や権力者も、自らの利益のためにスマートコントラクトを修正することはできません。

オートメーションマーケットメーカー (AMMs)

分散型取引所の最も革新的な部分は、自動化されたマーケットメーカーシステムです。最も基本的な形として、AMMsはイーサリアムとテザー(ETH/USDT).のような特定の取引ペアの流動性プールにリンクされています。

AMMsは、ETH/USDTが各取引所で取引に提供されるべき価格を決定しており、非常に複雑なアルゴリズムモデルに基づいています。価格を決定する主なドライバーは以下の通りです。

  • 買い圧力と売り圧力
  • 出来高
  • 時価総額

例えば、そのペアの時価総額が大きく、取引量も多い場合、売買注文はAMM’s の価格設定モデルにそれほど大きな影響を与えません。

一方、時価総額が小さくても大量の売買注文が集まるペアは、価格への影響がより大きくなります。

しかし、自動化されたマーケットメイカーは、中央集権的な取引所が導入している従来のオーダーブックシステムを使用する必要性を軽減しています。

リクイディティプール

自動化されたマーケットメーカーにより、買い手と売り手は第三者や従来のオーダーブックなしで暗号通貨を取引することができます。しかし、これは取引ペアが十分なレベルの流動性を利用できる必要があることを意味します。

結局のところ、誰かが1000ドル相当のBNBをGALAにスワップしたい場合、それぞれのプールに1000ドル相当のGALAがある必要があります。そうでなければ、基礎となるスマートコントラクトがスワップを実行する方法がありません。

ここで流動性プールとイールドファーミングが登場します。分散型取引所では、ユーザーがプールに流動性を追加することで、遊休トークンの受動的な収入を得ることができます。その見返りとして、ユーザーはプールが収集した取引手数料の一部を受け取ることができます。

これは、分散型取引所とユーザーの双方にとってWin-Winの関係です。取引所が必要な流動性を得る一方で、ユーザーは自分のトークンに関心を持つことができます。

非保証人取引

分散型取引所で暗号通貨を取引する場合、登録はもちろん、入金も必要ないことは既にご存知でしょう。その代わり、DEXsは非保証人取引に対応しています。

最も基本的な形として、これは、DEXが取引したいトークンをいかなる時点でも保持しないことを意味します。そのため、ウォレットを接続するだけで、希望する取引市場にアクセスすることができます。

例えば、ブラウザの拡張機能「 MetaMask」を使えば、ボタン一つでDeFi Swapの取引所に安全に接続することができます。

そして、基盤となるDeFi Swapスマートコントラクトが、MetaMaskウォレットからトークンを転送し、購入したい暗号通貨と交換することができます。

次に、スマートコントラクトは、新しい暗号通貨をMetaMaskに預け戻します。

ここで、簡単な例を挙げて、上記の点を展開してみましょう。

  • ユーザーのウォレットをDEXに接続する。
  • 簡単な注文ボックスに記入する。
  • 1,000BUSDをBNBに交換したい理由を記載する。
  • スマートコントラクトがユーザーのウォレットから1,000 BUSDを引き出す。
  • その後、AMMによって決定された現在の為替レートで1,000 BUSDをBNBにスワップする。
  • 最後に、スマートコントラクトはBNBをDEXに接続されているウォレットに転送する。

上記の例のように、スマートコントラクトは数秒で完了します。

対応チェーン

分散型取引所は、特定のブロックチェーンネットワークに接続する機能を備えています。例えば、選択したDEXがBinance Smart Chain(BSC)と互換性がある場合、DEXはこのブロックチェーンネットワークにリストされている任意の2つのトークンを交換することができます。

現在BSCをサポートしているDeFi Swapは、クロスチェーン機能を開発中です。つまり、最終的にはユーザーが2つの全く異なるネットワークからトークンをスワップできるようになるということです。例えば、EthereumとBNB、BitcoinとXRPなどです。

中央集権型の取引所は簡単にプラットフォームがサポートするすべてのトークンの割り当てることができます。しかし、分散型取引所はスマートコントラクトを介してブロックチェーンネットワークに直接接続するため、これを実現するために必要なフレームワークを備えておく必要があります。

しかし、DeFi Swapの開発チームは、DEXにネットワークを追加する最終段階に入っており、中央集権的なオペレーターを利用する必要はないと言われています。

分散型取引所を利用するメリット

分散型取引所について全く無知で、中央集権的なプラットフォームよりも良い選択肢なのかどうか疑問に思っているならば、以下のDEXが提供する主な利点を確認ください。

匿名取引

まず何よりも、中央集権型取引所と分散型取引所の大きな違いは、ユーザーから求められる情報です。つまり、中央集権的なプラットフォームを利用する場合、登録プロセスを経る必要があるのです。

  • 例えば、Coinbaseに口座を開設したとする。
  • まず、姓名、在留資格、住所、生年月日、連絡先など、あらゆる個人情報を提供する必要がある。
  • 次に、Coinbaseは、KYCのプロセスを経るよう求めてくる。
  • パスポートや運転免許証のコピーをアップロードするだけでなく、その書類を持っている自分の写真も必要となる。
  • また、銀行残高証明書や公共料金の請求書など、住所を証明するものも通常必要となる。

それに比べ、分散型取引所では上記のいずれも必要がなく、個人情報、連絡先、そしてメールアドレスさえも必要ありません。

さらに、書類のアップロードも必要ありません。これにより、トークンのスワップ、イールドファーミング、ステーキングなど、DeFiのコアサービスに匿名でアクセスすることができます。

DEXサービスに即座にアクセス

分散型取引所では、デジタル通貨を匿名で取引できるだけでなく、中央集権的なプラットフォームを使用するよりも設定プロセスが大幅に高速化されます。

例えば、KYCプロセスを通過した後、集中管理されたプラットフォームは、アカウントに資金を追加する必要があります。銀行振り込みの場合は、数日遅れることもあります。

それに比べ、DEXは数秒で使い始めることができます。例えば、DeFi Swapを使うと、好みのウォレットをプラットフォームに接続するだけで、すぐに使い始めることができます。

DEXsは資金に直接触れない

前述の通り、分散型取引所の大前提は、基盤となるフレームワークがスマートコントラクトに管理されており、選択したDEXが自身の資金に直接触れることはありません。

ウォレットを接続し、トークンの交換など希望のDeFiサービスを選択した後、取引を実行するのはスマートコントラクトです。

そのために、スマートコントラクトはユーザーのウォレットから交換を希望するトークンを引き出し、AMMから希望するトークンを取得します。その後、DEXに接続したウォレットに入金されます。

補足すると、トークンが分散して保有されていないということは、ハッキングの被害に遭うリスクがほぼ軽減されていることを意味します。トークンはDEXに保管されず、即座にウォレットに転送されます。

取引所からウォレットを切り離した後は、何も起こりません。それに比べ、中央集権的な取引所にはリスクがつきものです。

プラットフォームがハッキングされ、その後ユーザーが各取引所に保管していたトークンを失ったという話を何度も聞いたことがあります。

場所や製品に制限はない

各国の規制当局は、中央集権的な取引所を重視するようになってきています。

つまり、従来の暗号取引所は、個人の投資や取引の自由を最終的に制限するさまざまな厳しい規制を遵守する必要があります。

例えば、人気のある中央集権的な取引所の多くは、世界の特定の地域からの口座開設申請を受け付けていません。また、一部の国では、レバレッジをかけたトークンやデリバティブなど、特定の暗号商品へのアクセスが禁止されています。

しかし、分散型取引所は、出身による差別をせず、DEXsはすべての人に商品とサービスを提供します。

シングルポイントオブコントロール

分散型取引所には、単一のコントロールポイントがありません。つまり、一人の人間や政府などの権威がプラットフォームをコントロールすることはできなません。

これは、中央集権的な取引所の仕組みとは全く対照的で、政府はいつでも、それぞれの取引所がその管轄内で運営されている場合、その取引所の閉鎖を決定することができます。

DEXsはどのような製品・サービスを提供しているのか?

分散型取引所では、以下に述べるような膨大な種類の商品やサービスを提供しています。

トークンスワップ

DeFi Swapのような分散型取引所が提供する主なサービスは、第三者を介することなく、トークンと他のトークンを交換することができます。

先に説明したように、DEXsは流動性プールを利用しており、ユーザーは従来のオーダーブックシステムを使わず、ボタンをクリックするだけでETHとDAIを交換することができます。その代わり、分散型取引所ではAMMモデルを採用しています。

スターキング

DeFi Swapやこの市場の他のDEXsは、ステーキング商品も提供しており、暗号トークンの固定金利を得ることができます。

DeFi Swapでは、30日、90日、180日、365日の4つの期間から選択することができます。選択した期間によって、トークンがロックされる期間と引き出しができなくなる期間が決まります。

ここで、ステーキングの仕組みを簡単に説明しましょう。

  • 1,000BUSDトークンを持っている場合
  • APY11%で365日の期間を選択
  • 365日経過後、1,000BUSDトークンをウォレットに返却
  • また、11%の賭け金報酬(110BUSD)も受け取り可

暗号ステーキングに関するビギナーズガイドはこちらでご覧いただけます。

イールドファーミング

DeFi Swap分散型取引所においてイールドファーミングサービスも提供しています。

イールドファーミングの仕組みを簡単に説明します。

  • 取引ペアBNB/BUSDに流動性を提供したい場合
  • BNBとBUSDを同額(ドルベース)で提供
  • 例えば、1BNBが310BUSDの価値がある場合、2 BNBと620BUSDを入金
  • そして、BNB/BUSDペアのDeFi Swapで徴収された取引手数料の一部を獲得することができる

イールドファーミングの預金は、いつでも引き出すことができます。撤退する場合は、最初の預金に加えて、獲得したすべての報酬を受け取ることになります。

DeFi イールドファーミング のビギナーズガイドはこちらからご覧いただけます。

分散型取引所の利用方法

分散型取引所の使い方の概要については、以下のDeFi Swapのプラットフォームでトークンを取引する方法を紹介します。

ステップ1: DeFi Swapに接続する

DeFi Swapは現在、Binance Smart Chain (BSC)上のトークンをサポートしています。そのため、DeFi Swap DEXを利用するためには、BSCネットワークに接続するウォレットが必要です。

この目的のために最適なウォレットは、MetaMaskとTrust Walletの2つです。DeFi Swapプラットフォームの「Connect to a Wallet」をクリックし、お好みのプロバイダを選択します。

選択したウォレットは、DeFi Swapへの接続を許可する前に、認証の提供を求めます。

ステップ2: 入力トークンの選択

ウォレットがDeFi Swapに接続されたら、交換したいトークンを選択します。デフォルトでは、これはBNBに設定されています。BNBの隣にある小さな矢印をクリックすると、インプットトークンを選択することができます。

ステップ3: 出力トークンを選択

次に、受け取りたいトークンを選択します。

上の画像からわかるように、BTCBをBNBに交換しようとしています。

ステップ4:トークン数の入力

交換したいトークンが分かれば、DeFi Swapの数量を知りましょう。

オフロードしたいトークンの横にある関連フィールドを入力すると、DeFi Swapが受け取ることができるトークンの数の見積もりを出します。

ステップ5:スワップの確定

DeFi Swapで交換を確認した後、DeFi Swapに接続しているウォレット内に、取引を承認するよう求める通知が表示されます。

そうすると、DeFi Swapスマートコントラクトが即座にスワップを実行し、数秒以内に新しいトークンが接続されたウォレットに表示されます。

以上が、個人情報、身分証明書やメールアドレスの証明がなく、分散型取引所でトークンを交換する方法です。

最後に

この初心者向けのガイドでは、分散型取引所について紹介しました。これまで取り上げてきたように、DEXsを利用することで、ユーザーは中央のプロバイダーを通さずに、トークンの取引や他のDeFi投資サービスにアクセスすることができます。

つまり、DeFi SwapのようなDEXは、口座開設や個人情報の提供の必要がなく、今すぐに使い始めることができます。

DeFi Swapでは、イールドファーミングやステーキングによって、暗号トークンの利息を得ることもできます。

本商品、またはDeFiの商品・サービスに投資した場合、収益を上げることを保証するものではありません。ご自身の責任で進めてください。

よくある質問

分散型取引所とは何ですか?

分散型取引所として最適なものは何ですか?

分散型取引所はどのように儲けているのですか?

分散型取引所は不換紙幣を受け入れますか?

Expert score

5

Etoro-初心者とエキスパートに最適

  • 分散型取引所
  • BinanceスマートチェーンでDeFiコインを購入する
  • 安全性が高い
あなたの資本は危険にさらされています。

Join the DeFi Coin Chat on Telegram Now!

X